第1回翠清会梶川病院主催「エキスパートによる てんかん講演会」を開催しました

第1回翠清会梶川病院主催「エキスパートによる てんかん講演会」を開催しました

平成29年4月25日、翠清会梶川病院2階 ホール ブリランテにて東京医科歯科大学脳神経外科教授 前原健寿 先生をお招きして、「てんかんの診断・看護・治療」というテーマでご講演いただきました。

前原教授はてんかん分野の第一人者であり、てんかんの診断・検査・看護・内服治療・外科治療に加え、てんかんの方の自動車運転免許についてなど、私達が日頃気になっているところをビデオなども交えながらわかりやすく解説していただきました。

当日は院内の医師・看護師のみならずコメディカルの方々、さらに地域の先生方にもご参加いただき大盛況であり、私自身も大変勉強させていただきました。

講演会の後は、病院6階にて食事も交えながら情報交換をしました。様々な職種の方々の親睦が深まったのではないかと思います。

てんかんは医師の診断・治療だけでなく、患者様のご家族からみた問題点、看護する側からみた特有の病態、地域の先生方との医療連携や情報共有の必要性、そして運転免許などにまつわる社会的な問題点など、様々な視点からの把握・協力が必要といえます。また皆で勉強・情報共有できる機会が望まれますし、そのときはさらに多くの方々にご参加いただければと思います。

 

                                 脳神経外科 蛯子裕輔



2017年05月01日 9:39 AM | 翠清会梶川病院ブログ

アクセスマップ