CTを使った検査

CTを使った検査

CT(造影剤を使わない通常の検査)

CT撮影

脳卒中や頭部外傷、脳腫瘍の診断に有用です。特にくも膜下出血や脳出血、外傷性出血など出血性病変の診断に力を発揮します。
矢印の白くなっている部分が脳出血です。

また、CTでは骨を描出することができ、3D立体像で表示することもできます。
画像は後頭部の骨折を示しています。

 

CTA

CTA撮影

ヨード造影剤を使用し、脳または頸部の 血管を描出します。

 

Xe-CT

Xe-CT撮影

非放射性のXeガスを吸入しながらCT撮影を行うことにより、局所脳血流を測定することができます。

アクセスマップ