CTとは

CTとは

CT(X線コンピューター断層撮影装置)

16列マルチスライスCT撮影装置

Computed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略で、X線を使い体内の断面像(輪切り)を撮影する装置です。 当院では、16列マルチスライスCT撮影装置を導入しています。

この装置には16列の検出器を備えているため、1回転で最大16枚の画像の撮影を行うことができます。

 

装置の特徴

  • 息止めを必要とする撮影部位での撮影時間(息止め時間)も短時間で撮影でき患者様への負担も軽減します。
  • 短時間撮影により、様々な特殊撮影においても有用な画像を提供できます。
  • 被検者の体格に合わせて最適な撮影条件で撮影をする、線量マネジメント機構により被曝線量も低減。

 

実施日時・実施時間

診療時間内なら、予約不要でいつでも撮影可能です。救急時には24時間体制で対応しております。
通常の頭部CT撮影ですと、2分程度の所要時間となります。

 

注意事項

通常の頭部CT撮影で絶食の必要はありません。
ただし造影剤を使用する検査の場合は、絶食でお越し下さい。

アクセスマップ