看護部

看護部

看護部の概要

看護部は、専門性と質の高い看護を提供し、「この病院に来てよかった」と実感してもらえる看護を目指し、日々の看護に取り組んでいます。

看護部は、外来、一般病棟、回復期リハビリテーション病棟において、看護を行っています。

一般病棟には、脳卒中の超急性期の患者さんを受け入れているSCU(脳卒中ケアーユニット)病床や、手術後急性期の患者さんを受け入れる病床があります。急性期は病態変化が起こる可能性が高く、異常の早期発見が病態の重篤化を回避できるため、些細な変化も見逃さないよう、看護師の役割は大きいと考え看護に取り組んでいます。

脳卒中の患者さんは、急性期の治療終了後もリハビリを必要としている方が多く、自宅退院・日常生活動作の改善を目的とし、回復期リハビリテーション病棟においてリハビリを継続される方もいらっしゃいます。
回復期リハビリテーション病棟では、安全・安心な環境でリハビリが実施できるよう体制を整え、目標を設定し、退院後の患者さんの生活に向けての準備の支援をしています。

専門的知識と看護レベルの統一維持に努めるために、定期的に勉強会を開催し知識の向上にも取り組んでいます。他職種と連携をとり、統一した治療や看護が提供できるように取り組んでいます。

 

総師長ごあいさつ

梶川病院看護部ホームページにようこそ

私たちは、脳神経疾患に特化し24時間の救急体制、急性期から回復期における看護を展開しています。
脳神経疾患にかかられた方の病状の変化は顕著であり、その回復過程を見届ける事は看護のよろこびにつながっています。
看護部の理念である「安全と安心」第一!信頼される看護を掲げ、医療の変化や社会情勢に柔軟に対応できる明るい元気な看護師、脳神経疾患看護のプロとして、看護専門職として向上すること、また人として学び続ける看護師の育成に取り組んでいます。
また、ワークライフバランスを大切にしており業務の効率化、チーム医療の実践をはかり時間外勤務の削減、10日間の長期休暇を取得しリフレッシュ時間の有用性を実現しています。
脳神経疾患に関わる専門看護を是非当院で一緒に実践していただきたいと思います。

アクセスマップ