平成28年度

平成28年度

平成28年度

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
集計方法と定義

●病院指標は全国統一の定義と形式に基づいて集計します。
●平成28年度(平成2841日~平成29331日)までに退院された患者さんが対象です。
●入院後24時間以内の死亡又は生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植は集計対象外です。
●年齢は、入院1日目時点を集計しています。
●年齢階級は90歳以上を1つの階級として集計しています。
●科別の表示があるものは、主治医が所属する科を集計しています。
●該当患者が0(ゼロ)の場合は、空白で掲載し、患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で掲載しています。



年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 11 24 34 51 101 119 323 401 336 97
入院患者の年齢階級別患者数の指標。70歳~79歳の年齢の入院患者が最も多い。未成年の患者(0歳~19歳)の入院患者割合は2.34%、60歳以上の割合は77.29%であった。平均年齢は68.4歳。
■解説
当院は 脳神経疾患を専門としており、脳卒中が全体の約6割を占めています。脳卒中は高齢者に発症しやすく、そのため60歳以上の割合が非常に多い傾向にあります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 10.09 9.87 7.95% 70.3
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 82 8.27 7.52 6.10% 61.5
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 47 3.36 3.20 0.00% 61.9
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 5.81 7.12 3.70% 50.9
010030xx9910xx 前庭機能障害 手術なし 15 2.80 5.24 0.00% 66.8
脳神経外科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
①160100xx97x00xは「頭蓋・頭蓋内損傷 手術あり」による入院。
②160100xx99x00xは「頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし」による入院。
③010030xx9910xxは「未破裂脳動脈瘤 DSA目的」による入院。
④010030xx9911xxは「てんかん」による入院。
⑤010030xx9912xxは「前庭機能障害」による入院。
①から⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①69.9歳、②61.5歳、③61.9歳、④50.9歳、⑤66.8歳。(当院2.80日)
また全国の平均的な入院期間は①9.87日(当院10.09日)、②7.52日(当院8.27日)、③3.20日(当院3.36日)、④7.12日(当院5.81日)、⑤5.24日(2.80日)であった。
■解説
①に区分される疾病は外傷性慢性硬膜下血腫が多く、その約8割が60歳以上の高齢者です。外傷性慢性硬膜下血腫とは、頭部を打撲し数週間かかってじわじわと血腫が脳の表面に貯まる病気です。
貯まった血腫が脳を圧迫するため、症状がある場合や血腫量が多い場合は手術を行います。
②に区分される疾病は外傷性くも膜下出血、脳振盪、頭部打撲傷などで、脳損傷により支障をきたしているが手術を必要としない状態です。
転倒しやすい高齢者約2割に加え、小児が約2割を占めるため、平均年齢が①よりも大幅に下がっています。
③は未破裂脳動脈瘤のDSA検査を目的とした2~3日間の短期入院です。DSA(脳血管造影)検査により動脈瘤の形や位置の詳細な情報を得ることができ、検査結果を踏まえて手術の内容を決定します。
④に区分されるてんかんとは繰り返す病気で、1回の発作ではほとんど診断しません。脳梗塞や脳出血後、脳腫瘍など様々な要因で痙攣をおこします。
⑤の前庭機能障害とはいわゆるめまい症状です。



神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均 在院日数 (自院) 平均 在院日数 (全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 重症度発症前Rankin Scale 0 148 40.22 16.54 0.11% 71.1 アテローム血栓症・BADパス

心原性脳塞栓症パス

ラクナパス

その他、分類不能タイプパス

010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 81 6.07 7.12 7.41% 56.7
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 59.11 19.35 14.8% 67.5
010060×2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 重症度発症前Rankin Scale 0 58 16.73 16.73 6.90% 75.5 アテローム血栓症・BADパス

心原性脳塞栓症パス

ラクナパス

その他、分類不能タイプパス

030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 44 5.24 5.24 13.6% 66.3
神経内科の上位5位までの疾患(治療)を見た指標。
①010060×2990401は「脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満) エダラボンあり」による入院。
②010230xx99x00xは「てんかん」による入院。
③010040x099x00xは「非外傷性頭蓋内血腫 手術なし」による入院。
④010060×2990201は「脳梗塞(発症3日目以内、JCS10未満) エダラボンなし」による入院。
⑤030400xx99xxxxは「前庭機能障害」による入院。
①から⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①71.1歳、②56.7歳、③67.5歳、④75.5歳、⑤66.3歳。
また全国の平均的な入院期間は①16.54日(当院40.22日)、②7.12日(当院6.07日)、③19.35日(当院59.11日)、④16.73日(当院24.29日)、⑤5.24日(当院4.11日)であった。
■解説
一般的に神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科ですが、当院は脳を専門とするため、院内では脳神経内科と呼んでいます。脳卒中患者の約8割を脳神経内科で診ています。
①のエダラボンとは、フリーラジカル(物質を酸化する力が強い分子)を消去し、脳の血管内皮細胞および神経細胞を過酸化傷害から守り、梗塞巣が拡大しないようにする薬です。
脳梗塞急性期に使用されますが、腎障害があるとしようできません。
脳梗塞は発症時期や重症度、治療内容により非常に多くの診断群分類(DPCコード)に分類されます。ここにあがった①と④以外に54分類、合計で400人以上の患者がいます。
②のてんかんとは繰り返す病気で、1回の発作ではほとんど診断しません。脳梗塞や脳出血後、脳腫瘍など様々な要因で痙攣をおこします。
③の非外傷性頭蓋内血腫とは、被殻出血や小脳出血、視床出血、皮質下出血などです。脳出血のうち頭部打撲などの外傷性を除いたものが分類されます。
⑤の前庭機能障害とはいわゆるめまい症状です。





初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類 基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
入院で癌治療を受けた5つの代表的な癌疾患(5大癌)の診療情報の指標。
■解説
当院は脳神経疾患を専門としているため、5大癌の診療数はいずれも0件です。
入院で脳腫瘍の診療を受けた患者数は18、平均年齢は60.7歳でした。


成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症  –
中等症
重症
超重症
不明
■解説
当院は脳神経疾患を専門としているため、市中肺炎の患者数は軽症・中等症・重症に分類される重症度においては10未満、超重症・不明に分類される重症度においては0でした。



脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 40 5.57 67.2 0.00%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 456 42.05 74.4 18.16%
その他 40 36.60 73.1 17.50%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他 22 12.59 71.4 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病
<ウイリス動脈輪閉塞症>
3日以内
その他  –  –  –  –
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞を国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)に基づき、入院患者数等を見た指標。
*ICD-10分類とは傷病名がコード化され、疾病、傷害及び死因の統計分類のために用いられます。
I63$「脳梗塞:発症日から3日以内」による入院患者数が最も多く、平均年齢は74.4歳、平均在院日数は42.50日、転院率は18.10%であった。
■解説
脳梗塞は当院の入院診療の中で最も患者数が多い疾患です。
脳梗塞治療において、リハビリテーションは脳梗塞の合併症・後遺症を防ぐため非常に重要です。当院では入院当初からできるだけ早期に治療を開始し、エビデンスを踏まえ、より回復が望まれる時期に治療を集中して行うことで、高い治療効果を引き出せるように取り組んでいます。
(平成28年度実績:入院からリハビリ開始までの平均日数は0.93日)
また、約2~3週間の急性期治療後、回復期リハビリテーション病棟にて在宅復帰を目指した治療・支援を行います。自院に回復期リハビリテーション病棟があることで、リハビリ病院等への転院率は低く、在院日数は長くなる傾向にあります。
他院で急性期治療を終えられ、継続してリハビリの必要な患者さんの受け入れも行っているためI63$「脳梗塞:発症日からその他」の患者数も多くなっています。




診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 55 0.254 13.20 7.27% 75.6
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 23 1.173 34.52 8.70% 58.6
K178 脳血管内手術(1箇所) 17 1.411 53.35 5.88% 63.1
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 16 3.50 26.81 6.25% 72.0
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 16 1.937 50.63 37.50% 79.7
脳神経外科の上位5位までの主要手術を見た指標。
①K164-2は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
②K178は脳血管内手術
③K164は頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)
④K609-2は経皮的頸動脈ステント留置術
⑤K1642は頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下)①から⑤の治療を受けた患者の平均年齢は①76.9歳、②62.6歳、③70.4歳、④70.2歳、⑤79.7歳であった。
■解説
脳神経外科の治療は一刻を争う場合が多く、常勤医師により24時間年中無休で緊急手術が行える体制を整えています。在宅復帰を目指した治療・支援を継続して行っているため、平均在院日数は長くなる傾向にあります。
①は外傷性慢性硬膜下血腫に対して、3cmの皮膚切開を行い、10円玉サイズの穴を骨に開け、貯まった血腫を洗い流す方法です。
②は頭蓋骨の一部を外して脳動脈瘤の根元に金属性のクリップをかけて、脳動脈瘤内へ流入する血流を遮断し、再出血を予防する手術です。
③は未破裂脳動脈瘤や動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対して、カテーテルを用いた血管内コイル塞栓術です。体の表面近くを通る太い血管からカテーテルを挿入し、さらに細いカテーテルを入れ、動脈瘤(こぶ)の中に髪の毛よりも細くて柔らかいコイルを留置して、こぶの中を詰める方法です。
④は内頚動脈狭窄症に対して、カテーテルを使用しステントといわれる金属の筒を狭窄部位に留置する方法です。
⑤は急性硬膜下血腫や脳出血に対して、6~8cmの皮膚切開を行い、直径4~5cmの開頭をし、貯まった血腫を除去する方法です。





神経内科
Kコード 名称 患者数 平均 術前日数 平均 術後日数 転院率 平均年齢
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術
K386 気管切開術
K178-2 経皮的脳血管形成術
K178-4 経皮的脳血栓回収術
K1781 脳血管内手術(1箇所)
神経内科の上位5位までの主要手術を見た指標。
①K609-2は経皮的頸動脈ステント留置術
②K386は気管切開術
③K178-2は経皮的脳血管形成術
④K178-4は経皮的脳血栓回収術
⑤K1781は脳血管内手術(1箇所)■解説
脳神経内科で診ている患者さんに手術が必要な場合は、脳神経外科医と連携し行っています。
基本的に手術を必要とする患者さんは脳神経外科で診ているため、神経内科の患者数はいずれも10未満でした。
①は内頚動脈狭窄症に対して、カテーテルを使用しステントといわれる金属の筒を狭窄部位に留置する方法です。
②は合併症や誤嚥などにより発症した肺炎に対して、前頚部で気管軟骨を切開し気管を開口する方法です。痰の吸引が容易になったり、より積極的な呼吸管理が可能となります。
③は脳や頚部の血管の狭窄に対して、血管の中にバルーンカテーテルという風船のついた管を入れ、血管の狭窄や閉塞部でふくらませて、血管を拡張させる手術です。
④は発症から数時間以内の超急性期脳梗塞に対して、太い吸引用のカテーテルやステント型の血栓回収機器などを使用し血栓を取り除く方法です。
⑤は未破裂脳動脈瘤や動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対して、カテーテルを用いた血管内コイル塞栓術です。体の表面近くを通る太い血管からカテーテルを挿入し、さらに細いカテーテルを入れ、動脈瘤(こぶ)の中に髪の毛よりも細くて柔らかいコイルを留置して、こぶの中を詰める方法です。




その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
入院医療費の支払い制度(DPC包括医療費支払い制度)から見た入院患者数と保険請求した患者数割合の指標。
入院の合併症として代表的なDPC分類から4つ患者数等を集計。
*播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん・略語:DIC)
本来出血箇所のみで生じるべき血管凝固反応が全身の血管内で無秩序に起こる症候群。感染症が重症化するケースや基礎疾患が影響していることが多い。
*敗血症(はいけつしょう)
病原体が血液中に入り込み全身へ波及したもので非常に重篤な状態。高齢者が肺炎や腎盂腎炎などの感染症を重症化し発症する症例が多い。
*真菌感染症(しんきんかんせんしょう)
真菌とは、菌類のうち細菌・変形菌(粘菌)を除くものの総称でいわゆるカビの一種。一般に免疫機能が正常であれば、真菌感染症が体の奥の器官まで広がることはないが、抵抗力が落ちていたり、何らかの病気で弱っていると免疫機能の低下によりこれが重症化する症例が多い。
■解説
平成28年度の患者数は10未満、いずれも「入院契機とは異なる」ものでした。
(「入院契機とは異なる」とは、入院時の疾患を治療中、もしくは治療後に発症し、その疾病が入院の主な治療となったことを表します)
このような合併症は臨床上ゼロにはならないものですが、入院中に起こらないよう医師、看護師、その他医療スタッフが一丸となって医療の質の向上に努めています。




更新履歴

2017/9/27 当院の指標を公開しました。

アクセスマップ