リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科の概要

当院では、入院当初からできるだけ早期に治療を開始し、エビデンスを踏まえ、より回復が望まれる時期に治療を集中して行うことで、高い治療効果を引き出すように取り組み、また、ご家族との面談や医師を中心とした他職種とのケースカンファレンスを実施し、個々の患者さまに適した目標設定をしています。

また、患者さまのニーズに応じて、屋外歩行練習や調理練習、職場復帰を想定した応用的な治療も行っています。ソーシャルワーカーやケアマネージャーと共にご自宅へお伺いして、家屋調査(住宅改修の提案)やご家族への介護指導も行っています。

退院前より、地域医療・福祉サービスを実施する機関に情報提供することで患者さまの状態を知って頂き、より安心して生活が送れる手助けを行っています。

 

理念・基本方針

理 念

全人間的復権を目標に、愛の心で良質のリハ医療を提供させて頂きます。

基本方針

  1. 患者様と同じ立場に立ち、思いやりのある態度で接します。
  2. 発症直後より適正なリハ医療を提供し、ADLの改善に努め、 自宅復帰へ可能な限り支援します。
  3. 弛まぬ研鑽により、効果的なリハ医療を提供します。
  4. 他部門や他職種との連携をとり、より充実したリハ医療を提供します。
  5. 関連施設および地域との連携を保ち、より良いリハ医療を推進します。

 

対象疾患

  • 急性発症した脳血管疾患又はその手術後の患者。
  • 急性発症した中枢神経疾患又はその手術後の患者。
  • 神経疾患。
  • 慢性の神経筋疾患。
  • 失語症、失認及び失行症、高次脳機能障害の患者。
  • 難聴や人工内耳埋込手術等に伴う聴覚・言語機能の障害を有する患者。
  • リハビリテーションを要する状態であって、一定程度以上の基本動作能力、応用動作能力、言語聴覚能力の低下及び日常生活動作能力の低下を来している患者。

アクセスマップ